リストランテ、トラットリア、オステリア

フィレンツェおすすめレストラン食の国だけに、一言で「イタリア料理」と言っても地域ごとに伝統料理があり、更に各家庭、季節によって様々な料理が存在します。

日本とイタリアの食材の味の違いを感じるのもイタリア料理の楽しみ方の1つです。
本場の食材を使ったイタリアンを思い切りお楽しみ下さい。

おしゃれな服装で行った方がいいレストランでは、基本的なマナーを知っておくとより一層食事やその場の雰囲気が楽しめるでしょう。
そうでないところは気軽に、隣りのテーブルの人と話がはずむくらいめいっぱい楽しんで下さい。

営業時間、定休日は変更されている場合もございますので、詳細に関しては直接ご確認下さい。
夏の営業スケジュールは2012年7月17日現在の情報です。各店舗の事情により変更することもございます。

:ペルバッコが特におすすめするレストランです

ワイナリー訪問「郊外へ足を伸ばしておいしいワインとトスカーナの小さな街訪問を楽しみたい。」
「自分のお気に入りのワインがどんな畑や樽で造られているか見てみたい。
せっかくのフィレンツェです、ついでに自然やワインとも触れ合ってみませんか?!
半日のコースもご用意していますので、旅行プランに合わせてご利用ください。

LinkIconワイナリー訪問サービスへ

leggi.gif問い合わせメールを出す

ゾーン1:チェントロ・ストリコ地区

【 MAP 】

CANTINETTA ANTINORI

(カンティネッタ・アンティノーリ)

フィレンツェの他にもウィーン、チューリッヒ、モスクワにも店舗があります。
アンティノーリの有名ワインがグラス1杯から味るのが大きな魅力。
ボトルには手がでない方もグラスを通して優雅な気分になれるでしょう。

夏の営業スケジュール:8月5~27日お休み

住所
Piazza Antinori, 3(ブランド街のトルナブオーニ通り)
TEL
055-292234
営業時間
12:30~14:30/ 19:00~22:30
定休日
土、日曜 祝日

LinkIconカンティネッタ・アンティノーリのホームページへ

YELLOW

(イエロー -パスタを楽しみたい!-)

ドゥオモの近くにあり、観光客を中心にいつも賑わっている店。
メニューの種類は豊富で、イタリア料理と言われてイメージするものはアンティパストからドルチェまで結構揃っています。

イタリアのマンマが自ら手打ちするパスタと、窯で焼き上げるピッツァがおすすめです。
日本語メニューがあるので、イタリア旅行初めての方も言葉の心配はいりません。

夏の営業スケジュール:8月いっぱいお休み

住所
Via del Proconsolo, 39r(ドゥオモの近く)
TEL
055-211766
営業時間
12:00~16:30/ 19:00~24:30
定休日
火曜の夜

BUCA DELL'ORAFO 

(ブーカ・デッロラフォ)

ブーカ・デッロラフォこぢんまりとした店内、キッチンだからなのかいつも賑わい活気ある一軒。
ワイルドなカメリエーレ達がサービスをしてくれます。

トスカーナの伝統料理を定番とし、グリンピースのパスタやアーティチョーク、ポルチーニなど季節感ある食材を使った料理も楽しめます。
肉料理のバリエーションが多いのが特徴。
おすすめはArista(アリスタ)とジャガイモのPure`(プレ)。
Cervello(仔牛の脳みそ)のフライも外せない一品です。

夏の営業スケジュール:8月いっぱいお休み

住所
Via dei Girolami, 28r(ヴェッキオ橋近く)
TEL
055-213619
営業時間
12:30~14:30/ 19:30~22:30
定休日
日・月曜

ゾーン2:駅、ポルタ・プラート周辺地区

【 MAP 】

SOSTANZA TROIA

(ソスタンツァ・トロイア)

ソスタンツァ・トロイア相席、壁に掛かる絵や写真、きちんとユニフォームを着たカメリエーレのサービスがこの店特有の雰囲気をかもし出しています。

昔ながらを大切にしているせいか、メニューはいたってシンプルなものばかり。
あまりパスタ料理の種類を持たないこの土地の料理らしく、パスタはほんの数種類のみ。

おすすめは、 昔から作り方の変わっていないPollo alla Tegame(ポッロ・アッラ・テガーメ:鶏胸肉のバターソテー)、Tortino di Carciofi(トルティーノ・ディ・カルチョーフィ:アーティチョークをふんわり卵で包んだ)、 最後を飾るにふさわしいドルチェ、メレンゲを使ったケーキ。

夜は予約の時間が19:30と21:00過ぎの2回転制になっています。

夏の営業スケジュール:8月3日~9月2日お休み

住所
Via del Porcellana, 25r(サンタ・マリア・ノヴェッラ広場の近く)
TEL
055-212691
営業時間
12:30~14:00/ 19:30~21:45
定休日
日曜 祝日 4、5、9、10月を除く土曜 8月 12/24 1/7


ゾーン3:サン・マルコ教会、リベルタ広場周辺地域

【 MAP 】

MARIO

(マリオ -ビステッカ、肉料理-)

MARIO予約はとらず、相席当たり前、クレジットカードは受け付けず、ユヴェンティーノ(サッカーのユヴェントスファン)の入店はお断り、そして昼しか営業していない一風変わったトラットリアです。

1953年のオープン以来、同じ家族が経営するフィレンツェ気質たっぷりの店内はいつも地元の人と観光客で賑わっています。

料理は全てトスカーナ風。
基本メニュー以外は毎日変わり、金曜日は魚料理もあります。

店内に「俺達の焼きたいように焼く!」と張り紙があるBistecca alla Fiorentina(フィレンツェ風Tボーンステーキ)は1キロ33ユーロと良心的な値段。
その他「既成のブイヨンは使用しない」「冷凍物は使わない! なぜなら冷凍庫がないから!」「創業時の1953年からうちは相席」など、ここのポリシーがずらりと書いてあるのも楽しいところ。

お客にこびることもなく、代々受け継がれている自分達のやり方を今もしっかりと残している貴重な一店です。
ゆっくりと落ち着いて食べるのではなく、店全体の賑やかな雰囲気と相席で一緒になった人達とのおしゃべりを楽しみい方にはおすすめです。

夏の営業スケジュール:未定

住所
Via Rosina, 2r(中央市場近く)
TEL
055-218550
営業時間
12:00~15:30
定休日
日曜、祝日、8月約3週間

LinkIconマリオのホームページへ

ゾーン4:サンタ・クローチェ地区

【 MAP 】

TRATTORIA CIBREO

(トラットリア・チブレオ)

RISTORANTE CIBREO

(リストランテ・チブレオ)

隣りどうしに位置して厨房もメニューもほぼ一緒の姉妹店。
違うのはサービスだけなので、懐豊かでおしゃれをして出かけたいのであればレストランを、気軽な気持ちで出かけたいのであればトラットリアを選ぶといいでしょう。

リストランテではカメリエーレが口頭でメニューを説明してくれます。
リストランテの外にメニューが貼ってあるので、先に目を通しておくと分かりやすいですね。
パスタ料理のないイタリア料理店、トスカナ-ナ州一の煮込み料理を極めた店としても有名です。
量は少ないので、一人ずつ好きな料理を味わってみて下さい。
通り向いに姉妹店のカフェ CAFFE CIBREO(カフェ・チブレオ)もあります。

夏の営業スケジュール:トラットリア 未定、リストランテ 7月22日~8月30日お休み

トラットリア

住所
Via de' Macci, 122r(サンタンブロージョ市場の近く)
TEL
055-2341094
営業時間
13:00~14:30/ 19:00~23:15
定休日
日、月曜、8月、年末年始

レストラン

住所
Via A.del Verrocchio, 8r
TEL
055-2341100
営業時間
13:00~14:30/ 19:00~23:15
定休日
日、月曜

LinkIconチブレオのホームページへ

FAGIOLI

(ファジョーリ -トスカーナ伝統料理-)

リストランテ・ファジョーリ厨房を守るのはお父さん、フロアーを仕切るのは息子達、

家族経営の典型的なトスカーナ料理の店です。
店内は相席式の長いテーブルやキャンティのフィアスコ瓶が並び素朴な雰囲気です。

Pastina in Brodo(パスティーナ・イン・ブロード:澄んだコンソメに小さなパスタが浮いただけのスープ)、Pappa al Pomodoro(パッパ・アル・ポモドーロ:トマトとパンのこってりスープ)、そしてBistecca alla Fiorentina(フィレンツェ風Tボーンステーキ)をはじめとする肉料理が特におすすめです。

クレジットカードの使用は不可、夜は常に満席なので予約をしてから行きましょう。

夏の営業スケジュール:7月27日~9月3日お休み

住所
Corso Tintori, 47r(サンタ・クローチェ教会の近く)
TEL
055-244285
営業時間
12:30~14:30/ 19:30~22:30
定休日
土、日曜 8月数週間

PORTOFINO

(ポルトフィーノ -魚介料理-)

PORTOFINOフィレンツェ市内では数少ない、新鮮な魚介類を出すレストラン。
店名、白を基調とした店内と港が描かれたは「海」を思わせ、気分を盛り上げてくれます。

生の魚や海老が食べられる前菜の盛り合わせは食べ応えがあり、白ワインとの相性も抜群です。
トスカーナの肉料理に飽きた方は、少し足を伸ばしてみて下さい。

夏の営業スケジュール:8月11~23日お休み

住所
Viale Mazzini, 25/27r(カンポ・マルテ駅の近く)
TEL
055-244140
営業時間
12:30~14:30/ 19:30~23:00
定休日
日曜の夜、月曜

LinkIconポルトフィーノのホームページへ

ゾーン5:アルノ川以南地区

【 MAP 】

LUNGARNO23

(ルンガルノ23)

キアニーナ牛をつかったハンバーガ―が売りの店。
ハンバーガーは5種類あり、どれもフライドポテトとサラダがたっぷりとつきボリューム感たっぷり。
ハンバーガーの他にも、牛肉のタルタルやパスタ、インサラトーネ(量が多めのサラダ)があります。

天井が高くモダンな店内、防寒設備が整ったテラス席は冬でも気持ち良く食事が出来ます。
トスカーナ料理が多いフィレンツェのレストラン界では珍しいハンバーガーを求めて、2009年以来地元イタリア人を中心にいつもたくさんの人達で賑わっています。
夜行く場合には、数日前に予約した方が確実です。

夏の営業スケジュール:未定

住所
Lungarno Torrigiani, 23
TEL
055-2345957
営業時間
昼と夜
定休日
日曜

LinkIconルンガルノ23のホームページへ

SANT'AGOSTNO23

(サンタゴスティーノ23)

サンタゴスティーノ23食材、肉料理にこだわりを感じる2006年オープンの店。
メニューリストに別枠で書かれているここオリジナルメニューはどれも食する価値あるものばかり。
お皿からはみ出てしまうほど大きい豚ロース肉のカツレツOrecchia di Elefante(オレッキア・ディ・エレファンテ)はその名の通り象の耳を連想させてくれます。

いくつかに分かれている店内は見ていて楽しいインテリアで飾られ、食事の時間をうまく演出しています。
世界中の地下鉄マップが貼ってある部屋には、東京のマップもありますよ。

夏の営業スケジュール:通常営業

住所
Via Sant'Agostino, 23r
TEL
055-210208
営業時間
12:30~14:45/ 19:30~22:45
定休日
月曜

LinkIconサンタゴスティーノ23のホームページへ

CAMMILLO

(カッミッロ)
多くのレストランが休む、日、月曜日にも営業している心強い店。

手打ちパスタの種類が豊富な店。
その他、 旬の食材を使ったもの、揚げ物専門のコックさんによる数々の料理、カレー風味の海老とお米の一品は特におすすめです。

おじさんカメリエーレによる手際のいいサービス、店内の雰囲気、メニュー内容、昔ながらの若干濃い味付けなど、多くにフィレンツェの伝統が感じられ、ここをお気に入りの場所として挙げるフィレンツェ人が多いのもうなずけます。

夏の営業スケジュール:8月いっぱいお休み

住所
Borgo Santo Jacopo, 57r(ヴェッキオ橋の近く)
TEL
055-212427
営業時間
12:00~14:30/ 19:30~22:30
定休日
火、水曜 8月 12/23~1/7

QUATTRO LEONI

(クアットロ・レオーニ)

クアットロ・レオーニ海外の有名人もよく来るらしく、壁には写真が飾られています。
観光客も多く来ますが、それ以上に地元の人も多く来ます。

気軽で楽しい雰囲気の中で食事をして欲しいという気持ちが、カメリエーレの明るく気持ちのいいサービスにも現れています。
伝統的なトスカーナ料理が中心のなか、年中メニューにあるGran Fritto dell'Aia(鶏肉やうさぎのミックスフライ)、Fiochetto di Pera in Salsa di Taleggio e Asparagi(テレッジョとアスパラソースのフィオケット)はここのおすすめ料理です。

夏の営業スケジュール:通常営業

住所
Via de'Vellutini, 1r(ヴェッキオ橋とピッティ宮殿の間)
TEL
055-218562
営業時間
12:00~14:30/ 19:00~23:00
定休日
水曜の昼

LinkIconクアットロ・レオーニのホームページへ

IL SANTO BEVITORE

(イル・サント・ベヴィトーレ)

イル・サント・ベヴィトーレ常に賑わっている大人気の店。

人気の秘密は、100種類以上のワイン、ワインにもよく合う美味しい料理、気持ちのいいスタッフのサービス。
店全体からエネルギーを感じ、 「楽しかったし、美味しかったからまた行こう」という気にさせてくれます。

日替わりのランチは、あまり時間が取れない人でも手早く食べられ、毎日食べても飽きないるヘルシーメニューが揃っています。

ウンブリア、キャンティ、カゼンティーノのサルミをおつまみに、じっくりとワインを楽しむことも出来ます。

夏の営業スケジュール:8月10~19日お休み、昼のみ8月26日まで休み

住所
Via Santo Spirito,66r(サン・スピリト教会の近く)
TEL
055-211264
営業時間
12:30~14:30/ 19:30~23:30
定休日
日曜の昼 8月の10日間

LinkIconイル・サント・ベヴィトーレのホームページへ

TRATTORIA DA RUGGERO

(ルッジェロ -トスカーナ伝統料理-)

RUGGERO市内から少し離れ、地元の人にこよなく愛されている店。
昼も夜も予約でいっぱいですが、開店と同時に行けば予約なしでも入れるかもしれません。

旬の素材を使った前菜とSpaghetti alla Carretiera(スパゲッティ・アッラ・カレッティエーラ:ピリ辛、ニンニクたっぷりのトマトソース)、Arista(アリスタ:豚の背肉)は一度は口にするべき。
カレッティエーラのパスタの固さとピリ辛さ、アリスタの厚さはこの店ならではです。
一皿しっかり食べられないようであれば、半分の量でも注文できます。

古き良きトラットリアの雰囲気を楽しみたければ絶対におすすめです。

夏の営業スケジュール:7月下旬~8月下旬お休み

住所
Via Senese, 89r(ローマ門の近く)
TEL
055-220542
営業時間
12:00~14:20/ 19:00~22:15
定休日
火、水曜 8月バカンス時期

IL MAGAZZINO

(イル・マガッジーノ -ビステッカ、肉料理-)

フィレンツェにあるようで意外となかったトリッパを売りとしたオステリア。

屋台で味わえないトリッパ、ランプレドットが楽しめます。
店内のガラスケースにある手作りドルチェはここのお手製。

夏の営業スケジュール:通常営業

住所
P.zza della Passera,2/3(ヴェッキオ橋とピッティ宮殿の間)
TEL
055-215969
営業時間
9:00~23:00
定休日
無休

Ristorante Borgo San Jacopo

(リストランテ・ボルゴ・サン・ヤコポ)

borgo_san_jacopo.jpgフェラガモ一族が経営するホテルHotel Lungarno(ホテル・ルンガルノ)のメインダイニング。
ちょっとオシャレをして出かけたくなるモダンでシックな雰囲気は、伝統を重んじるフィレンツェではなかなか貴重な空間。

女性シェフBeatrice(ベアトリ―チェ)の下、日本人も数人働くキッチンで作り出される料理は、食材にこだわった逸品ばかり。
ワインと共にゆっくり食事を楽しみたい方は夕食に、少しずついろいろ手軽に楽しみたい方はお昼に訪れてみて下さい。
お昼はアラカルトの他、アンティパストからドルチェの4品がセットになったメニューが、野菜系、肉系、魚系の3コースあり、お好みによって選べます。
「量はあまり食べられないけど、いろいろ食べたい。」という方には、おすすめです。

毎月29日に開催している「肉の日」の名誉顧問、大食いファイターこと元吉賢一さんはここのスー・シェフ。
あの大きな体で美味しい料理を作っています!

夏の営業スケジュール:通常営業

住所
Borgo San Jacopo,62r
TEL
055-281661
営業時間
12:30~14:30/ 19:30~22:30
定休日
無休

LinkIconリストランテ・ボルゴ・サン・ヤコポのホームページへ

フィレンツェ近郊地域

Settignano:セッティニャーノ

OSVALDO

(オズヴァルド - ビステッカ、肉料理 -)

オズヴァルドセッティニャーノの少し手前にある、田舎の良きトラットリア。

1400年代には修道院だった建物で、1960年代にはセッティニャーノへ行く人が立ち寄る酒屋、その後1978年からレストランとしての営業をしています。

フィレンツェ市内から離れているせいか、地元・常連さん率が高いのが特徴。
元フィオレンティーナの選手バティストゥータも常連さんだったようで、壁には彼の写真が飾ってあります。

トスカーナ料理が並ぶメニューの中でも、少しずついろいろ楽しみたい方には10~15種類から好きなものを選べる前菜、 人気の肉料理からは外はカリカリ、中はジューシーさ度満点のPollo Fritto(ポッロ・フリット:鶏肉のフライ)が特におすすめです。
鶏肉のフライは やめられない美味しさです。

夏の営業スケジュール:8月1~29日お休み

住所
Via D'Annunzio, 51r
TEL
055-602168
営業時間
12:00~14:00/ 20:00~22:00
定休日
火曜の夜、水曜日終日

LinkIconオズヴァルドのホームページへ

ページの先頭へ

おすすめフィレンツェ・レストラン

LinkIconCAFFE & BAR

LinkIconWINE BAR

LinkIconRISTOTORANTE

LinkIconPIZZERIA

同行通訳について

cb_privato.gif
市内を効率よく散策しイタリア人が集まるお店を覗いたり、あなただけの一品をオーダーメイドしたり・・・
専門の通訳でフィレンツェの町をより楽に楽に散策してみませんか?

LinkIcon同行通訳ページへ

ペルバッコ・ブログイタリア在住の達人たちが綴る毎日
日常の食卓から郊外での出来事まで、現地から四季折々の情報を盛込みご紹介!

LinkIconペルバッコ・ブログへ

おすすめアフィリエイト

ホテル・クラブ

割引ホテル予約
ペルバッコのお勧めホテルも予約できるホテル・クラブ

ウィークエンド・フィレンツェ

Book now and save time!
ウフィッツィ、アカデミア美術館予約はこちらから

アマゾン・ジャパン


イタリアに関する書籍からマンマが使うキッチングッズ、旅に役立つ変圧器まで、お勧めの一品はこちらから

イタリア・ソムリエ協会資格

イタリアワイン・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_logo.gif
イタリアの正規のソムリエ資格取得講座

オリーヴ・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_olio.gif
イタリア・ソムリエ協会認定、オリーヴ・オイル資格取得講座